風景パノラマ
No.123-11

 京都 南禅寺

  pb_home


臨済宗南禅寺派の総本山。正式には瑞龍山太平興国南禅禅寺という。
正応4年(1291年)亀山法皇が無関普門禅師(大明国師)を開山に迎えて開創された。
立派な三門、方丈、庭園などがあり、琵琶湖から京都市内に向けて引かれた疏水の赤煉瓦のアーチの水道橋も圧倒される
.
 画像をクリックすると 大サイズで表示します 画像番号 大サイズ容量  撮影年月
.
 No.12346 121kB .0
南禅寺 水路閣
 琵琶湖疎水から引いた水を通す水路。明治21年に建設され、長さ93m、幅4m
.
 No.12347 58kB 1900.1
南禅寺三門
 臨済宗南禅寺派の大本山。高さ 22m の三門は重要文化財。手前の石灯籠は日本一の高さ 6m
.
 No.12348 200kB 1900.1
南禅寺枯山水庭園
 岩と白砂により、「 虎の子渡しの庭 」 と呼ばれる
.
 No.12349 149kB 1900.1
南禅寺庭園
 狩野探幽作の有名な襖絵 「 水呑み虎 」 などがある「小方丈 」の庭
.
[ 付録画像 ]


 三門 
寛永5年(1628)に再建された 重要文化財。 三門前の石灯籠は日本一の高さ 6m  柱も特徴的
.

 三門正面から                          法堂(はっとう) 問禅等の行なわれる場所


 窓越しの庭      大方丈から小方丈へと渡り廊下になっており、庭を観賞できます
.

 水路閣 煉瓦造りの水道。 上が水路になっている

.
pb_home  ;