風景パノラマ
No.228

 広尾

  pb_home


   襟裳岬の北東 黄金道路が走る
 画像をクリックすると 大サイズで表示します 画像番号 大サイズ容量  撮影年月
.
 No.22801 122kB 2000.8
黄金道路から
 襟裳岬・帯広間の国道336号線の襟裳町庶野から広尾町までの約33Kmの区間を黄金道路呼ぶ。昭和2年から7年をかけ莫大な費用だったことからそう呼ばれているそうだ
.
 No.22802 45kB 2000.8
黄金道路から
 太平洋に面し悪天候での並みの威力はすごかった
.
[ 付録画像 ]
.

 襟裳岬・帯広間のR336 延長33kmの通称 「 黄金道路 」
 厳しい環境の海岸線を莫大な費用を掛けたことからの名称だそうだ


 悪天候の中、昆布を拾う人々  荒波でちぎれた昆布が打ち上げられる


 荒波を突いての昆布拾い  


 道の駅 忠類 ( ちゅうるい ) 面白い地名だ     ナウマン象記念館  この地で発掘された
 広尾・帯広間 ( およそ中間 ) 大樹町の北約8kmにある
.
pb_home  ;